諦め続ける薬

忘れることは、疲れに対する最高の薬。思い出に対する最悪の薬。

hearthstone日記 - 12-0達成!

 hearthstoneの近況。
http://us.battle.net/hearthstone/en/
http://hearthstone-jp-wiki.com/
 やり始めてから4カ月弱。手頃な感じなのでついはまってしまった。未だに初級者くらいの位置。
 いま読み返してみると、開始直後にOnyxiaのGoldenとったのはあまりに運がよかったのだと思う。
Hearthstone始めてから三日目メモ - http://d.hatena.ne.jp/hidoread/20140205/1391578469


 そして昨日、とうとうこんな感じに。

 嘘みたいだろ……これまで私5勝しかできなかったんだぜ……。
 というわけでPaladinで12-0達成。
 デッキはこんな感じ。機能しにくいカードも結構入っていたはず。

 カードの殴り合い好きとしてPaladinがもともと得意だったので、とてもよかった。
 デッキ自体はバランス悪い印象があったものの、序盤でかなりのダメージを与えることができたのでスムーズに進んだ。taunt少なくてまずいかと思ったら他が機能した、とか。
 今回の相手はmageとdruid、hunterが多かったかな。いずれも楽な方。

                  • -

 というわけで初級者近況。
 といっても6月終りかけの今の状態でrankedは19。つまりひどい。
 なかなかデッキがうまく組めない。カードがないというのは大きい。毎seasonだいたいrank20かちょっと上くらい。それくらいrankやっていない。
 Arenaでいろんなカードを使って楽しんでいるのが好きなのである。goldがなくなって困った時にrankedやる感じ。
 戦略のコツと手札のセーブをようやくつかんできて、それから勝率が上がった。間違いなく。
 以下2月から6月までの感想。

  • Warrior

 あまり使っていないhelo一つ目。Armorsmithはやはり欲しい。あとGorehowl。
 controlとしてうまく組んでみたいなあとは思う。

  • Warlock

 大人気helo。一応使っている。単純に押すカードだけ入れて。
 いくつかのカードにある、「手札をランダムに捨てる(Discard)」という効果だけがあまり好きでなく、そのカードだけは除いている。Doomguard得たらさすがに入れるだろうけれど。
 今後組むならzooよりもhandlock系統。やはりgiant出してtauntにして、というのは燃える。今主流の一つだし。これからはhandlockくらいの強さを基準に調整されるのではないかと踏んでいる。この戦略自体は調整しにくいし。
 Giant族がいないのでいまはあまり。

  • Shaman

 Paladinと同じくらいメインにしようかと思っていた。Totem好き。
 Overload自体も嫌いではないので。その分強力なものを出せると思えば。
 Feral SpiritもLightning Stormもないのが、組んでいない理由。後者は作ろうか迷っている。

  • Druid

 2番手。やっぱりRamp好き!
 初期にInnervateとWild Grouthを知っただけでRamp Druid的な組み方をしていた。
 ただ安定しない……カードが足りないだけでなく、Wild Grouthが来なかったときのムーブが下手。
 NourishもForce of NatureもAncient of LoreもAncient of Warも欲しい……。これがないのにrampみたいなのを組もうとしているのかという話だけれど。
 Watcherも組んではみたい。Tokenはぴんと来ない。
 強化型好きな自分としては頑張っていきたいところ。本来安定感のあるheloだし。

  • Paladin

 メイン。Arenaでも多用。
 上述の通り強化好きとしてはいちばん肌に合っている。ここのところ流行りだしたAggro的な使い方はしない。
 欲しいのはDivine Favor。あとはEpic以上。
 今回の12-0によってSword of Justiceを手に入れたので早速使ってみようと思う。

  • Hunter

 もともと好きではなかった。Aggroが。Beastの強さは知っていたものの。
 しかしcontrolのデッキ例を眺めて組んでみたら思った以上に楽しかった。癖があるけれどサブで使っていく予定。
 お犬様ことUnleash the houndsの調整が入ったので、controlデッキが増えてくるのではないかなあと思う。

  • Priest

 不人気さん。どこかで読んだけれど、やはり"Situational"なのはネックだと思う。
 CPU戦は楽しいね。
 自分が行う運ゲーが好きなのでThoughtstealとかばんばん使う。
 Auchenai Soulpriestが来てから組むかどうか考える。あとAllカードだけれどSylvanas Windrunnerはぜひ入れたい。
 Priestは相手にすると苦手なheloともいえる。初期のrankで、Lightspawn>Divine Spirit>Divine Spiritで攻撃力20体力20、を見かけた時の絶望感といったら。いまならまだ怖くはないだろうけれど。

  • Mage

 Arenaで多用。
 初めてしばらくたってから使わなくなったのだけれど、Arenaでこの楽しみを再認した。
 Pyloblast2枚とって5勝とか。
 Archmage Antonidasとって5勝とか。
 つまりひどいムーブである。調整がかなり入っているが、未だカードで殴っている感は強い。
 今一番欲しいlegendaryはArchmage Antonidas。Mirror Imageと組めばかなりの安定感。Sorcerer's ApprenticeでFireballを三発!
 この三枚をDraftできた時のArenaが今までで一番楽しかった。来ないとしぬ。Arcane Intellect2枚入れているのにしぬ。
 せっかくだしFreeze Mage方向に行ってみようかなあと思う。aggroは合わない。

 あまり使っていないhelo二つ目……といいたいところだけれど。
 この間2枚目のlegendでLeeroy Jenkinsが来たんですよ! よしMiracle Rogueだ!
 ……という感じ。ただカードが足りないし、ガチで組む気はまだ湧かない。EdwinVanCleefはぜひ使ってみたい。
 この戦略自体は6月現在めちゃくちゃ流行っている。ただそれによって調整が入りかねないというのがこわい所。Gadgetzan Auctioneer調整ってむずかしくないですか……。