諦め続ける薬

忘れることは、疲れに対する最高の薬。思い出に対する最悪の薬。

三十日書いてみて

 これでエントリ三十日継続。らしい。なにせ管理ページがカウントしてくださっているのだ。

 もともと、ゲーム分析なんかのまとまった文章置き場として使おうと思い作ったのだけれど、継続日数がカウントされているし、なにかのメダルももらえるらしいと聞いて、きっちり一か月は毎日投稿してみようと思ったのだった。
 意外ととりとめのないことも書いた気がする。あと、昔の話を整理したくて書いたものも。こうして記していくとどんどん考えがまとまっていって、その感覚は意外と新鮮だった。

 あと面白かったのはタイトルのつけ方。最初はこだわっていなかった。それでも、そのエントリの内容を端的に示すというのはかなり重要であると学んだ。そういうわけでふわふわした話には適当なタイトルになっている。
 あと、サブタイトルを箇条書き形式で書くあれはかなり有効なんだろうな、という印象を受けた。パラグラフ区切りをより視覚化している。
 よくいわれる結論先解説後の文章構成、あれと箇条書きサブタイトルもよく合うのだろう。そのうち益体のない話で使ってみようかな、なんて。

 今日以降は不定期更新の予定。ゲーム分析とかはまとまり次第。