読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諦め続ける薬

忘れることは、疲れに対する最高の薬。思い出に対する最悪の薬。

文章

小説草稿完了から精読までの間に軽く校正することリスト

物語原稿書き終わって、すぐ赤入れ、となると、「内容に関する赤入れ」と「文章に関する赤入れ」がごっちゃになる、ということがよくある。どちらも重要であることは間違いない。ただその読み返す時の意識は二つを分けるだけで変わり、見逃しが少なくなる、…

三十日書いてみて

これでエントリ三十日継続。らしい。なにせ管理ページがカウントしてくださっているのだ。 もともと、ゲーム分析なんかのまとまった文章置き場として使おうと思い作ったのだけれど、継続日数がカウントされているし、なにかのメダルももらえるらしいと聞いて…

今やったらどれだけ早く終わるのか問題

この間、タスク処理から夏休みの宿題の話になった。 「とりあえず一区切りずつ分担しよう」「一週間に分けてやればすぐ終わる、たぶん」「なんか夏休みの宿題みたいだな、『一日三ページやれば七月中に終わる』みたいな」「あったあった。でもやらない」 あ…

あのひのきろく

2012年6月の日記ということで、「log201206」とアウトラインプロセッサのタイトル欄に書いたところ、なんだかこれ数式っぽいな、と思った。5.30364092……。 そうすると、20120601の日記のタイトルはlog20120601だから「7.3036409489」に、次の日のは「7.30364…

書いて消すこと

家に原稿用紙はたくさんある。でもあまり使わない。 もともと文房具集めがほんの少し好きなので、レポート用紙とか便箋とか、使い切りもしないのに集め、引き出しの一番上に仕舞っておいた。それらは書くためではなく、集めるためだ。どうやら昔の私は何もか…

確固と奪取

(昨日までの)ありふれた日常のことを思いながら、ボクは手を引かれ素直について行く。 あいつ――メンカルという名前らしい変な生き物――が一体何者なのかは、さっぱり分かっていない。 約物の話。 一文中で注釈を挿入する用法での丸括弧"()"を使うことが、私…

無意識に数字を変更することについて

「文庫本一冊貸すためだけに往復一時間だよ!」 「準備の時間含めなければほんの十五分です」 「いやでもこのテストの点数、三分の二しか取れてないからねー」 大きく見せたいとき、小さく見せたいときに数字をいじるのはよくある話。 どう考えても嘘なのに…